英語の学習関連

【医療通訳の需要】いま重要なのはスキルのかけ算!外国人患者増加のウラに問題あり…?

こんにちは、WAI(@wise_village)です。

今回の記事では、『医療通訳の需要』についてフォーカスしてみたいと思います。


筆者自身も医療業界で日々働いていますが、日本語がまったく話せない患者さんが来院することもあります!


医療現場では、1つの情報伝達ミスが、その患者さんの健康や命を大きく左右してしまいます。

これは、都会であっても地方であっても、医療機関であればどこでも同じことが言えます!


外国人の多い都市部だけに限らずに、日本のあらゆる医療機関において「適切な言語サポート」が受けられるようにする取り組みは非常に重要だと感じています。

WAI

高度な医療設備が充実している先進国「日本」。
でも外国人向けの医療サポートは、諸外国より遅れている気がします…


医療通訳ってかなり専門的な分野で…


「医療通訳って難しそう…」
「医療通訳の就職ってあるの…?」
「そもそも医療通訳って需要があるの?」


…と思う方も多いかもしれません。


そこで今日は、それらの疑問を解決するため、日本の医療通訳の需要や問題点について考えていきたいと思います!

医療通訳って資格とかあるの?難易度は?


まずは大前提として「医療通訳ってなに?」ってところからお話ししたいと思います。


医療通訳とは、主に病院や健康診断などで、日本語のできない患者さんに付き添って通訳をすることを言います。

村人A

1つの情報ミスが、患者さんの命や健康に影響を与える可能性があるので、絶対に誤訳はできない分野だね!


日本では今のところ国家資格等はなく、各団体が発行する認定資格になります。


医療通訳の資格や難易度・試験内容に関しては、過去の記事に詳細をまとめていますので、下のリンクから参照してみてください ⬇︎

【医療通訳検定1次試験編】医療通訳って難しい!? 取得までの体験談をまとめます!通訳の中でも、誤訳が絶対に許されない「医療通訳」って知っていますか? 今のところ、国家資格ではありませんが、様々な団体が認定試験を実施しています。 今回は、医療通訳検定を受けてみた体験をまとめていますので、「今後受けてみようかな」と考えている方は是非チェックしてみてくださいね!...
【医療通訳検定2次試験編】医療通訳って難しい!? 取得までの体験談をまとめます!今回は、前回の続きで「医療通訳技能検定」の2次試験についてまとめています。 なかでも意外と見落としがちなのが、面接形式での試験当日の服装です!! 実はスーツはふさわしくないって知っていましたか? 検定2次試験をあれこれ詳細に書いてみました!...

【医療現場の現状】通訳者不足!?


医療現場の問題とは?

日本に訪れる外国人の数は、年々増加傾向にあります。

現在は、新型コロナウイルスの影響により大幅に減少していますが、ワクチンなどが開発されれば、いずれまた増加する可能性も考えられますよね!


訪日外国人の増加にともなって、日本の医療現場では、あることが問題になっています。

それは…

外国人患者による医療費の未払い

…です。

その額は1997年〜2000年の3年間だけで、

2800万円以上

…に達すると報告されています。


これは、外国人を受け入れた医療施設の約35%が医療費を回収できていないことになるそうです!


でもなぜこんな事が起きるのでしょうか!?

WAI

その理由を考えてみよう!!

外国人の受け入れ体制について

全国の医療施設で、過去1年の間に外国人を受け入れた医療施設の割合は『約80%』にも及びます。

そしてそのうちの65%が、『日本語で意思疎通が困難』だっととの報告されています。(井上事務機事務用品株式会社調べ


外国人が、予期せぬケガや病気で病院を受診した場合、所持金が足りないという状況が考えられます。
そんな時は、電子決済・クレジットカードでの支払いや、それも不可能な場合はパスポートのコピーをして、大使館に報告し、帰国後に支払ってもらうよう促す必要があります。

村人B

日本語で意思疎通が困難な患者さんに、支払い手続き等の説明をして、理解させる事ができるのかな?

WAI

外国人患者の受け入れ体制を整えていない施設では、所持金が足りない場合の対処法なんかも分からないよね…


つまり、外国人患者による医療費の未払いが起きる理由として…

  1. 日本語で意思疎通ができない外国人患者が7割近くいること。
  2. 外国人患者の所持金が不足した場合の対処法が決まっていないこと。
  3. 電子決済やクレジットカードに対応していない医療施設が多いこと。


…などが原因として考えられます。


首都圏の中核病院を除き、外国人患者の受け入れ体制を整備しているところは、まだまだ少ないのが現状です。


通訳者を介して、外国人患者と円滑なコミュニュケーションをとる事ができれば、後日の支払いや、帰国後の支払いを理解してもらうことは、十分に可能だと考えます。

医療通訳に使われる言語

では実際に “日本語で意思疎通が困難な外国人患者” が病院へ来たとき、どんな言語を使って対応したのでしょうか!?

その多くは、英語または中国語だったそうです。


特筆すべきは、日本語での意思疎通が困難な外国人患者に対して、日本語での対応しかできなかった施設がそれなりにあるということです。


つまり…

通訳できない医療施設が多い

…とういことが分かります。

村人C

冗談みたいな話だけど、それくらい外国人患者を受け入れる体制のない施設が多いんだろうね!

医療通訳の需要ってどうなの?


ここまで日本の医療現場における言語面での問題点をみてきて、皆さんは医療通訳の需要はあると思いますか!?

私の結論から言うと…

医療通訳の需要はある!!
(ただし…)

村人D

ただし…?


新型コロナウイルスの影響を除けば、訪日外国人は今後も増え続け、多くの外国人労働者に支えられる日本社会が想定されます。

その一方で、先進国である日本の医療施設において、日本語以外の第二言語を話せる人はほとんどいないのが現状だと感じます。



もちろん、医師の中には英語も堪能な方もある程度います。



しかし、筆者の経験上、多忙を極める医師が『受付・問診・診察・検査・結果説明』など全ての段階で、付き添って通訳してまわるのは不可能です。


そのため、医師以外の誰かが必要になり、ここに医療通訳者の価値があると考えます!

村人D

ねぇ!!「ただし…」ってなに?

WAI

医療通訳だけを専門の仕事にするのは難しいと思うんだ…

医療通訳を専門にする難しさ

医療の現場に身を置く筆者としては、医療通訳の必要性は十分に感じています。

WAI

地方であっても、日本語の話せない外国人が来院することはあるからね…


ただ、外国人患者の受け入れ頻度から考えて、常勤で「医療通訳の専門職」を配置する必要性があるかといえば、その必要性を感じている医療施設は少ないと思います。


そのため、医療通訳を専門として医療施設に常勤するケースは、極めて稀だと言えます。

医療通訳サービスの問題点

医療通訳を専門として働く場合、通訳サービスを提供する企業に勤めたり、フリーランスとして活動することも考えられます。

ただ、これらの医療通訳サービスでは、電話ビデオ通話による通訳が基本になります。


実際に患者さんや検査画像の詳細を目視できるわけではないため、電話やビデオ通話による通訳には限界があると感じます。
また、接続や利用開始までのタイムラグも生じてしまうため、受付から問診へとシーンが次々と変わる医療現場での利用には、困難が多い印象を受けます。


通訳業務には「音声のみの通訳で解決する分野」と「現場に直接同行していないと正しい通訳ができない分野」があり、医療通訳は後者にあたると考えます。

このような背景から、企業型の医療通訳サービスの利用にはいたらない医療施設が多いのではないかと感じます。

【広告】オンライン英会話なら【Universal Speaking】

医療現場が望む通訳者とは?

では最後に、医療現場でどのような通訳が求められるかについて考察していきたいと思います。


【まずは問題点をまとめてみましょう】

  1. 医療通訳の頻度から考えて、通訳専門職を医療施設で常勤にするのは難しい。
  2. 企業型の通訳サービスは、医療現場のシーンには適していない。


…以上のことから、医療現場にとって最も適した通訳者とは、

他の医療業務と兼務できる医療通訳者

…だと考えます。


例えば、医療事務として働きながら、医療通訳者としても活躍できる人材であれば医療施設にとって、とても貴重な人材になります。
その施設の流れや職員を熟知し、医療の知識も学べる環境にあり、突然外国人患者が来てもタイムレスな通訳を提供することができますよね。


医療通訳のみで仕事をするのはとても難易度が高いように感じますが、他のスキルと「医療通訳」をかけ合わせることで、とても貴重な人材になることができるんです。


医療通訳だけに限らず、言語を学習する際は『第二言語×〇〇』というように、違うスキル同士をかけ算できる人材が今後ますます重宝されるようになる感じます。

まとめ


今日は医療通訳という視点から、日本の医療現場が抱える問題点をみてきました。

医療通訳には、正確な通訳だけでなく、外国の文化を理解し、宗教的背景や患者さんの心理状況を配慮できる人間性も求められます。

医療通訳を目指すまでのハードルもそれなりに高く、筆者も日々勉強し続ける必要性を強く感じています。

WAI

学べば学ぶほど、知らないことが増えていく気がします。でもみんなそうですよね!
続けるか諦めるかの違いだけです!!


難しくて大変なことも多い「医療通訳」!!

しかし、そのスキルはあなたの価値をとてもユニークなものに変えてくれる魔法の杖でもあります。


キャリアアップや、新しいことに挑戦しようと考えている人に、「医療通訳」という選択肢があることを知ってもらえたら嬉しく思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

医療通訳の試験に関する記事はこちら!

 

【広告】【QQ English】月会費3,685円~の業界最安水準価格からスタートできる!
他の人気ブログを見てみる
にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

POSTED COMMENT

  1. ふうちゃん より:

    こんばんは!

    医療通訳の話、面白かったです。おしゃる通り違うスキルと掛け算したら成立するし、スキルにも奥行きが出ていいと思います。

    また、のぞきにきます

    • WAI より:

      ふうちゃんさん、こんにちは!
      医療通訳に限らず、分野の違うスキルをいくつか持っていると自信にもなりますよね!
      私もスキル習得は一生ものと考えて、気長に取り組んでいます^ ^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です