英語の発音

英語の発音のかなめ! IPAを知ろう

こんにちはWAIです!みなさん「IPA」って聞いたことありますか?

私は英語を習得する上で、この「IPA」を知ることが、とても重要だと思っています。

実際、このIPAをよく知っている学習者の発音は、そうでない方と比べるとすごくネイティヴらしい方が多いように感じます!

そこで今回は、この「IPA」について簡単に解説していきます。

IPAってなに?


 IPA(international phonetics alphabet)とは、発音を表した音声記号のことです。

辞書で、単語を調べた時に、横に記載されている象形文字のようなアレです!!

今思うと、アレにはとんでもなく重要な情報が含まれていたんだなぁと感じます。

そして、 早くから意識して学習していて良かったと思っています。

基礎的な発音といえば「フォニックス」ですが、フォニックスのルールだとカバーできない発音もあるため、大人の学習者にはこのIPAも合わせて知ることをオススメします。

では実際にIPAがどんなものなのか、国際音声学会が公開しているチャートを見てみましょ う!

出典:International Phonetic Association
WAI

ん…?
なんじゃこれ….

皆さんもそう思いませんか?ww 自分もそうです。

正直、未だによく分からない記号もあります。

でも、全部を記憶する必要はなく、新しい単語を調べる時に、意識してこの記号を確認するだけでも段々と音声の基本がわかってきます!

次に基本的な見方を解説します!

難しくても大丈夫!!覚えるというより、まずは「知る」くらいで十分です!

下の表は「子音 (英語の母音以外の音つまりアイウエオ、a,i,u,e,o以外) の発音方法」を表しています。


縦列→破裂音や摩擦音などの分類です。 

横列は両唇音や歯音などの分類です。

同じ枠の中にある「p」は無声音で「b」は有声音となっています。

子音は、母音に比べると、その音は分かりやすいのかなぁと思います。

次の図は、「母音 (a,i,u,e,o) を発音する時の舌の位置」を表したものです。

この図は、人の顔を横から見たときの「舌の位置と口の開口度」を表しています。イメージはこんな感じです↓

この図から、[æ]の発音は、

「口をやや大きく開け、舌もやや前方に出した状態」

で発音することがわかります。

日本語でアーと言いながら、徐々にエーに変えていく途中くらいの音 になるでしょうか!?


例) アリ/ant [ænt] は、カタカナ発音の[アント]とは明らかに母音の音が違います!


英語は日本語より母音の種類が多いために、日本人は英語の発音やリスニングを難しく感じてしまいます!

私は母音をマスターしようと、机の前の壁にこのチャートを貼って、舌の位置を意識しながら学習に取り組んでいます。

では実際にこのIPAを知ることで、どんなメリットがあるのでしょうか?

IPAの効果とは!!


IPAとは発音記号です。

そのため、この記号が表す音を理解すれば、ほとんどの英単語を発音することができます。

そして、発音できるということは、聞き取ることもできるのです!

さらに、正しい音と文字の結びつきを知ることができれば、その単語を覚えやすくなり、 英語学習への抵抗も少なくなるそうです。

私自身、本格的に英語習得を始めた時からずっと、実際の音声と発音記号は必ず確認し、 単語をまとめる際も必ず発音記号を書き写していました

特にheart(心臓)hurt(痛める)の区別をするために、何度も何度もこの発音記号を確認した経験があります。

今でも年に数回は、「発音みなおし月間」のような期間をつくって、あいまいな単語は何度も確認しています。

IPAの問題点


英語習得にとって大切な「IPA」。

しかしフォニックスと同様に、大きな問題点があります!

それは、日本の英語教育に普及していない点です。

そのため、現在の英語教員にもIPAを体系的に学習したことがなく、どう指導して良いのか分からない先生方も多いと思います。

英語教員志望の大学生を対象とした調査では、このIPAをこれまで学習したことがな い人が6割程度で、IPAの発音を試す問題では、多くても3割ほどしか正答しなかったそうです。


確かに今まで馴染みのなかったものを学んでいくのは難しいと感じます。

そのため、まずは基礎的な発音ルールであるフォニックス発音を小学校低学年から楽しめるように取り入れ、音だけでなく文字にも興味を示しだす高学年以降に、徐々に、そして継続的に、IPAと単語の結びつけを取り入れていくのが理想なのかなと思います。

カタカナでの英語発音表記には限界があります。

それでは正しい発音を習得できません。

そして何より、1~2回授業で扱う程度では身につきません。

体系的な発音指導を継続することでしか身につかないので、多忙な学校教育のプログラムに取り入れるのは、学生のみならず先生も大変で、あまり現実的ではないような気もします。

日本人の音声言語学者による「発音クリニック」みたいな塾があれば良いですね….

広告:どんな人でもあっという間にに習得出来る英語のLとRの発音矯正具 ReaL Stick(特許取得済)

IPAの学習方法


いきなりですが、IPAを全て覚える必要はないです。

私はそう感じています。ただこの IPAを意識しながら、辞書の音声を聞くことを続けていくのは大事だと思います。

徐々にではありますが、「この記号はこんな音」っていうのが分かるようになります。

ただ、早く正しい発音方法を身につけておきたい場合は、この参考書がかなり役立ちましたのでオススメです。

この本は、今でも年に何回か見直しています。

「DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本」
著者: 鷲見 由理 (株)ナツメ社

大切なのは下の位置や唇の形を意識するために、付属のDVDをしっかりと確認することだと思います!必ず役に立ちますよ!

そして最後に国際音声学会のリンク(コチラ)から、IPAチャートをプリントして、しばらく壁に貼り付けておくのも良いと思います!

まとめ



① IPAとは、実際の発音を表す記号である。

② 発音の上達には欠かせない要素


③ 日本ではあまり馴染みがない人も多い


④ 新しい単語を覚えるときは、必ずこのIPAと音声を確認する

日本語と英語は言語体系がかなり離れているため、英語習得は大変だと感じても仕方ないんです!


ただ、習得に近道はありません! 

1日1つの小さな行動が、数年後にみんなの強力な武器になります!

楽しく、たまにはラクをしながら色々と学んでいきましょー!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

他の人気ブログを見てみる
にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です