世界の雑学

驚愕!!日本の貧困率とフードロスの現実

こんにちは、WAIです!

突然ですが、皆さんの冷蔵庫にはどれだけの食品が入っていますか??

そしてその中には、賞味期限切れ等で無駄にしてしまったものはどれだけあるでしょうか?

村人A

年末の大掃除では、冷蔵庫に賞味期限切れの調味料や放置してた野菜があったなぁ…

インスタ映えの大盛り料理、大食い対決の番組などが日常に溢れる飽食の現代では、「餓死」や「貧困」という言葉すら、遠い昔の言葉に聞こえてしまいますね。

しかし世界では、総人口が77億人を突破し、100億人を超えると推測されていて、「水や食糧供給の危機」が懸念されています。

2019年10月、アイルランドのホームレスを支援する団体「The Homeless Street Cafeがある1枚の写真をFacebookに投稿しました。

それがコチラです↓

We are home after another incredibly busy night. I’m exhausted, weary and emotional and should (guiltily) go to bed BUT…

The Homeless Street Cafeさんの投稿 2019年10月15日火曜日

この子の年齢は5歳だそうです。

そして、この子は「ホームレス」です。

大人に混じって配給の食糧をもらい、その場に段ボールを敷いて食べている写真です。

あまりに切なくて淋しくて、胸が張り裂けそうになりませんか?

WAI

自分に幼い娘がいるからかな!?
これを見て以来、この子の後ろ姿が忘れられない…

10月中旬といえば、渋谷のハロウィン祭りやクリスマスに向けたムードが漂っていた時期ですね。

しかし、アイルランドでは、このような光景は決して珍しいものではないそうです。

世界では大人だけでなく、多くの「子供のホームレス」がいるそうです。

Facebookに投稿されたこの1枚の写真は、多くの人に拡散され話題となりました。

このような「貧困」という問題は、日本にいるとなかなか見えにくいと感じます。

しかしその一方で、日本を含む世界の先進国では、大量の食料を捨てるために多くのお金が使われています

今日は、この対照的な2つの現象「貧困」と「食料廃棄」ついて少しだけ学んでみたいと思います!!

貧困にも種類がある!?


貧困には大きく分けて、2種類の貧困があります!

絶対的貧困」と「相対的貧困」です。

貧困のイメージ

日本にも貧困ってあるの?


「貧困」って聞くと、なぜかアフリカ諸国をイメージしがちですよね!?

しかし、日本でも10人に1人の子供が「相対的貧困」の状態にあるんです。

ここで実際に、日本の貧困率を示すデータを見てみましょう↓

厚生労働省の「国民生活基礎調査」を元に筆者作成
村人A

え…?これが日本の貧困率!?
1985年より貧しくなってる

WAI

モノは豊かになったかもしれないけど、ひとり親世帯が増え、格差が広がったのが貧困率を高めてるのかもしれないね…

さらに、経済協力開発機構(OECD)による2010年の調査報告では、加盟国34ヵ国中、ひとり親世帯の貧困率は、日本が最も高かったそうです

日本の貧困世帯の中でも、ひとり親世帯の貧困率は50%を超えていて、なかでも生活が苦しいと答えた母子家庭は8割を超えると報告されています。

しかし、「自分の行動のせいだから」と、生活保護を受給していないケースが多く、その受給率は11.2%にとどまっています。(厚生労働省2017)

生活困窮世帯の現状

-調査対象は61世帯-
『世帯所得は120万未満が82%

約6割は過去1年間に光熱費等の支払いを滞納したことがある。

7割以上は過去1年間に経済的理由で買えなかったものがある。

子どもの衣類や靴(体操着など)
学用品(文房具など)
食物(米や調味料など)

参照「フードバンクによる子どもがいる生活困窮世帯への夏休み期間の食料支援プロジェクト」
村山 伸子・米山 けい子
2017

村人A

…買えないものって…

そんなに高いモノではなく、教育や生活に必要なモノなんだ…

子どもの貧困は、教育格差を生み、それが所得格差になり、終わらない貧困のスパイラルにつながってしまいます!

世界の貧困について


では次に、世界の貧困について考えてみましょう!

日本の場合とは異なり、ここで話す貧困とは「絶対的貧困」のことです。

つまり、今日明日の食べ物にさえ支障がある「目に見えやすい」貧困です。

この貧困は「餓死」にいたる危険性もあり、最も過酷な状態の生活レベルだといえます。

世界にはこのような極度の貧困に苦しんでいる人が『13億人』いて、そのうちの『7億3600万人』は飢餓に苦しんでいます。つまり…

もう一つ、衝撃的な事実をお話しします。

そうです。貧困に苦しんでいる人の半数は子どもなんです。(国際通貨基金:IMF調べ)

これまでのまとめ

日本

① 相対的貧困がメイン
② 10人に1人以上の子供が貧困状態
③ ひとり親の貧困率は50%以上
④ 生活が苦しい母子家庭は8割以上


世界

① 絶対的貧困がメイン
② 13億人が貧困状態
③ 7億人以上が飢餓状態
④貧困人口の半数は子ども

村人A

…これが自分たちの住んでる世界の現実なんだね…

日本でも、身近なところで苦しんでいる人たちがたくさんいるんだね。

WAI

でもその一方で、毎年大量の食品が捨てられているみたいなんだ。

食品廃棄量はどのくらい?


世界全体での総食品廃棄量は、

これは世界の総生産量の3分の1に相当する量だそうです。 

村人A

こんなにも食品が捨てられているなんて…

では次に、日本の食品廃棄量をみてみましょう! 

食品廃棄量の中で、まだ食べられる食品を捨ててしまうことを「フードロス」といいます。

近年、このフードロスは世界中で問題視されていて、多くの国や企業がフードロス削減に向けて取り組んでいます。

貧困とフードロスについて考えてみよう


世界には、極度の貧困に苦しんでいる人達がいます。

その一方で、世界中で毎年13億トンもの食品が捨てられています。

この相反する2つの状況、あなたはどう解決すればよいと思いますか?

ここでは、実際に国や企業の取り組み例をみてみましょう!

アメリカ

フードバンク


1967年に、余剰在庫や売れ残りを企業から寄付してもらい、団体を通して生活困窮者へと渡す取り組み「フードバンク」が始まりました。

2000年には日本国内でもその活動が始まっています。

St.Mary’s Food Bank Alianceのホームページより(画像リンク)
イギリス

Community Shop


生活保護など、何らかの支援を受けている人のみ会員になれるスーパーです。賞味期限間近の商品や傷があるものなどを定価の3割程度の価格で販売しています。

また、履歴書の書き方のアドバイスなど、様々な支援も提供しているそうです。

WAI

寄付ではないので「自分たちで好きな食品を選ぶ権利」があるから、生活困窮者の自尊心を傷つけることがないんだね。

フランス

食品廃止禁止法の制定


2016年から、食品小売店舗は「食品寄付に関する協定」を結ばなければいけないなどの条件を盛り込んだ法律が施行されました。

また、こうした法規制と並行して、寄付への優遇策や啓蒙キャンペーンが進められています。

日本

10✖️20✖️30食品廃棄物削減イニシアティブ


2019年9月に発足した取り組みで、日本を代表する企業「イオン」が、ウォルマートなど世界中の11社と共に主導します。

世界の小売企業など10社がそれぞれ20社のサプライヤーと共に、30年までに主要サプライヤーの食品廃棄物半減に取り組む

を目標としており、食品業界全体の食品廃棄へ向けた情報共有が期待されます。

その他には、『TABETE』などに代表されるフードシェアリングサービスの認知度も広がっています。

まとめ


貧困と食料廃棄、この2つの矛盾する状況がこの世界には存在しています。

そして私たちが住むこの日本も例外ではないみたいです!

日本で廃棄される食品の半分近くは一般家庭から出ると言われています。

その一方で、日本でも経済的理由から、食品を買うこともままならない世帯も存在するのが事実のようです。

1人ひとりの「小さな意識」が、「大きな結果」に繋がるかもしれません。

この記事で、少しでもそんな意識を持つ方がいてくれたら嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

WAI

最後に、さっき話に出た「フードバンク」の活動支援のページを貼っておくので、興味のある方はチェックしてみてね!

セカンドハーベストジャパンのホームページより(画像リンクあり)

参考資料

・「豊かさ」と「貧しさ」:相対的貧困と子ども
阿部 彩 (2012) 
発達心理学研究第33巻 第4号

・「フードバンクによる子どもがいる生活困窮世帯への夏休み期間の食料支援プロジェクト」
村山 伸子・米山 けい子(2017)
日本健康教育学会誌25巻1号

「貧困母子世帯における生活保護の受給の規定要因」
吉武 理大(2019)
福祉社会学研究16(0)

「食品ロス削減に関するフランスとイギリスにおける取り組み」
渡辺達朗(2018)
専修ビジネス・レビューvol.13

「BORDERLESS-ソーシャルビジネスで世界を変える-」
webサイト
https://www.borderless-japan.com/magazine/25459/

他の人気ブログを見てみる
にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です